犬日記、木工、銘木趣味。


by di_sirio

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

仲良し犬

よその日本犬には絶対に気を許す事のない本犬ですが。
実家の犬とは仲良しで、いつも怒られながらガオガオ、猛獣ごっこをして遊んでいます。

食事の時間。
食べ散らかした、おこぼれを狙っています。
d0122295_1650889.jpg


へぇへぇ、食べたった。
d0122295_16531424.jpg


この毛皮では今日は暑い。
d0122295_1656125.jpg

[PR]
by di_sirio | 2010-05-30 16:58 | Comments(2)

うずくり加工

今日は久しぶりに屋久杉天板の加工をしてみました。

この萱のブラシで「ごしごし」、とこすり、木目の柔らかい部分を削り取るような感じで杢を浮き立たせます。
地味な作業に加えプロではないので、余計に時間がかかります。

d0122295_1693036.jpg


しかしブラシで磨いて行くと、艶と杢目が引き立ってきました。
今日はこの部分だけ磨いて終了。
d0122295_1682685.jpg

裏表を全部仕上げるのに何日掛かるだろうか?
暇な時にぼちぼち作業をしてみよう。
[PR]
by di_sirio | 2010-05-22 16:23 | Comments(0)

老山白檀

お香の原料になる白檀の中でも最高品質のインドマイソール地方の老山白檀。
こちら白檀は20年~30年以上前の材です。
現在は細切れでしか輸入出来ないみたいで、この大きさの角材はもう輸入出来ない貴重な材です。
この角材は線香用では無く、仏像彫刻や、アクセサリー用です。
数十年前の木でも老山白檀の甘い,高貴な香りがします。
こんなに小さい角材でも数万円します。

d0122295_17353771.jpg



香木で一番高価なのが、伽羅と言われる木です。
たった1グラムでも、単価は1万円以上、プラチナの1グラム単価の倍以上。
木が、プラチナより高いのは信じがたいですが、めったに取れない貴重な香木だそうです。
[PR]
by di_sirio | 2010-05-15 18:06 | Comments(0)

レーマー広場

フランクフルト滞在の最終日。
フランクフルトからの乗り継ぎ便までの時間があったので、フランクフルト市内を回りました。
フランクフルト市内観光をするなら、フランクフルトカードがお勧めです。
市内のタクシー以外の乗り物が乗り放題。
市内と言われてもどこまでが市内かわかりませんが、50ゾーン以内が乗り放題。
青い点線内の白い部分
d0122295_11205750.jpg

美術館の割引などもあるみたいです。
わずらわしい、キップを毎回買わなくてすみます。
駅には改札がないのでキップを買わなくても乗車出来ますが、覆面検札員がいますので、キップを持っていないと、40ユーロの罰金です。
ちゃんとキップは買いましょう。

レーマー広場
d0122295_1129689.jpg

最終日には地図を見ながら、トラム、地下鉄を有効に利用できるようになりました。


あの~、旅ブログになっていますけど、僕達を忘れていませんか?
d0122295_1137849.jpg

忘れていませんよ。
[PR]
by di_sirio | 2010-05-15 11:39 | Comments(0)

ハイデルベルク城

ハイデルベルク駅に到着した頃に外は雨。
最初は小雨だったので、パーカーの帽子でなんとか雨をしのいでましたが。
次第に雨が強くなってきたので傘を買いに、しかしその辺で売っていなかったので、駅まで戻り傘を購入。

トラムで城の麓まで行き、そこからケーブルで城まで。
しかしまた、トラムのキップの買い方がわかりません。
近くにいたおじさんに聞きましたが、しらん、しらん。
相手にもしてくれませんでした。
英語で聞いた私も悪いかもしれませんが。
ドイツ人、冷たいですね。
そして困っていると、暇つぶしに散歩していたおじいさんがキップの買い方を教えてくれました。

城の裏側から。
d0122295_1650083.jpg


そして、ガイドブックに載っている同じアングルから撮影。
d0122295_16512643.jpg



天気の良い日は美しい旧市街地を散策したら楽しそうです。
しかし、雨がじゃじゃ降りなので残念。
d0122295_16552794.jpg


この旅で感じた事。
困って英語で街の人に道など尋ねて、丁寧に教えてくれた確率50%。
しかし、若い女性に聞くと教えてもらえる確率大。
人に物を尋ねるときはその国の言葉で聞かないと相手にもしてくれません。
よく言われる、フランスもそうですね。
しかし、あるフランス人曰く、フランス語で話しかけられたら、丁寧に教えますよ!との事。
特に日本以外の欧米などは個人主義の国、自分の事は自分でしろ!と言う感じですね。
これは身をもって体験しました。
その中で、わざと違う道を教えてくれた人もいました・・・その後、一気に精神的に疲れたので割高なタクシーで行く羽目になる。
[PR]
by di_sirio | 2010-05-13 17:26 | Comments(0)

世界の車窓から

今回の車窓はフランクフルト中央駅からハイデルブルク迄の旅です。
どこかで聞いた事のあるフレーズですが・・・
d0122295_1737932.jpg

せっかくドイツまで来たので、DB(ドイチェバーン)を利用しました。
IC(インターシティー)と言う列車が一番速く目的地に到着するみたいだったので、券売機でチケットを購入。
3日前にウエブサイトで購入して自分でプリントアウトしたら、割引もあり手数料もかからないみたいですが。
行き当たりばったりの旅なので。
日本とは違い、券売機には駅ごとに料金表示はしていませんので、自分で駅名などを入力しなければなりません。
ドイツ語はさっぱりわからないので、英語表示に切り替えて駅を探して時間など入力。
しかし最後の方ででドイツ語に自動で切り替わり・・・?
悪戦苦闘しながら、なんとか購入。
さらに、発券手数料が片道一枚に付き2.5ユーロも取られます。
窓口購入なら4ユーロ。高いですねー。


d0122295_17381555.jpg

ヨーロッパの鉄道は日本の鉄道料金と比べたら、かなり割高な気がします。
長距離移動をするなら、格安エアラインが沢山あるので断然、そちらの方が得。



d0122295_1834951.jpg

途中ブドウ畑を通り抜けて1時間弱で到着。
[PR]
by di_sirio | 2010-05-12 18:15 | Comments(0)

火山噴火

今回、フランクフルトに行って来ました。
ルフトハンザ航空に乗って。
d0122295_14143867.jpg

出発の当日、アイスランドでまた噴火が起こり、行きは大丈夫だろうと思っていましたが、帰りが心配でした。
なんとか風向きは大丈夫みたいだったので、帰って来ることが出来ました。
あー疲れた。

来月からルフトハンザが、成田ーフランクフルト間でエアバスの超大型旅客機のA380の1号機を就航させるみたいです。
やはり、ドル箱路線は力の入れようが違いますね・・・
[PR]
by di_sirio | 2010-05-11 14:31 | Comments(0)