犬日記、木工、銘木趣味。


by di_sirio

黒檀のちぎり

今日は木工教室で黒檀で「ちぎり」を作りました。
ちぎりとは,板の割れ止めや、アクセントに使うものです。
主に堅い木が使われます。
黒檀、紫檀など、唐木と言われる材が最適なようです。

d0122295_17303985.jpg

小さくカットした黒檀材料にちぎりの形を鉛筆で書き、糸鋸でカットします。
糸鋸と言っても、手で切るのではなく、電動の大きな業務用の糸鋸。
初めて電動の糸鋸を使うこともあって、端材で何度も練習しましたが、なかなか上手く行かず。
本番の黒檀も失敗してしまいました・・・
予備の黒檀も全て使い、一番ましな形のちぎりを使う事にしました。

このちぎりを板に下穴を掘り、叩き入れて埋め込みます。
埋め込む為の穴をトリマーと鑿を使って隙間無く掘ります。
d0122295_1736970.jpg


カットして余った黒檀の端材は箸置きにしました。
黒檀の箸置きを店で購入したら、数百円。
自分で作れば、ただ。
d0122295_1754759.jpg


d0122295_17444839.jpg

[PR]
by di_sirio | 2010-09-04 17:55 | Comments(0)