犬日記、木工、銘木趣味。


by di_sirio

伝統工芸士の作品

某00T0 さんのブログで紹介されていた包丁を見て、ブログネタを拝借しました。
トラックバックしようと思いましたが、やり方がわかりませんでした。

数年前に一大決心で購入した、すばらしい包丁。
私の料理の腕は素人で三流ですが、この包丁は超一流の伝統工芸士であり、刀匠でもある池田正行氏の作品です。
大事に使えば一生使える包丁なので、高価でも大丈夫。
安物の切れない包丁を使うのは、怪我のもと。
d0122295_1547381.jpg


柳刃は青紙スーパー鋼(超青鋼)の水本焼き。
柳刃はスペシャルオーダーで製作してもらいました。
柳刃には日本刀と同じ焼き刃紋もでています。

薄刃包丁は本焼きではありませんが、白鋼の霞包丁、こちらもプロ用。
どちらもすばらしい切れ味。
d0122295_15521110.jpg


柳刃は表裏鏡面研ぎをしているので、ステンレスの包丁のようにピカピカ。
撮影したカメラが反射して写っています。
d0122295_15593254.jpg


工房まで直接訪問して、工房の見学までさせていただき、包丁や日本刀などのお話を聞かせていただきました。
池田さん曰く、この柳刃は硬すぎるから普通の砥石じゃ研げないよ。
これは趣味の包丁やな。
私「はい、ほとんど趣味ですね。」
同じプロ用でも頻繁に包丁を研ぐプロの料理人などは、白鋼の本焼き包丁の方が値段も安いし、青鋼の本焼き包丁より研ぎやすいので、そちらを使うそうです。
しかし、青鋼の方が永切れしますので、研ぎの回数は少なくて済みます。
[PR]
Commented by totozfactory at 2010-03-23 11:33
すごーい!!ほんとに日本刀ですね~~!!
うちの包丁は、職人さんが作ったものですが、ほんと日常使い用
です。たぶんいやきっと価格も全然違うと思う~^^
こういうのは、ほんと緊張して指切り(ツメ?)そうです。
おまけに料理を忘れてうっとり眺めてしまいそうです。^^

トラバの方法は、エキブロ同士なら相手のブログに飛んで、
「Trackback」をクリックし、そこで記事を作成すると自動的に
トラバされますよ^^
Commented by di_sirio at 2010-03-23 16:14
トラバ、今度試してみます。

totozfactory さんの包丁もた多分、堺の伝統工芸士さんが製作された良い包丁だと思います。
手作り鍛造の包丁なので、いつまでも使えますね~。
私の包丁を製作した職人さんも東京O地の某有名包丁店のOEM生産しているそうです。
包丁店の自社ブランドで販売している本職用の和包丁は、そのほとんどが堺の職人さんによる、OEM生産だそうです。
製造元に行くと運が良ければ、包丁店で買うより、もしかしたら安く買えるかもしれませんよ~?
私の柳刃を包丁店でオーダーしていたら、たぶん購入額の3倍位の値段になっていたと思います・・・
by di_sirio | 2010-03-21 17:20 | Comments(2)